トラウマの国ニッポン (新潮文庫)

3.31
  • (2)
  • (15)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 134
レビュー : 15
著者 :
Kuniboさん ノンフィクション   読み終わった 

日本人は理想と現実の間で悩む国民性のようです。 日本人とはどんな人間の集まりなのかを伺い知ることができるルポルタージュ。
おそらく日本人を知らない人が見たら、相当病んでいると思われる人達が登場する。トラウマを告白するセラピーに参加して、トラウマが治ってしまうことを心配するトラウマ好きの人達や、ユーモアを身につけようとユーモア教室で奮闘する人(真面目に語る言葉の方がユーモラスだったりする)、のんびりとした田舎暮らしに憧れて移り住んだが持て余す時間に苦労する人など、理想と現実の間で苦しむ人達の事例が、今後の自分の生き方にとても参考になる。全ての日本人がこれに当てはまるわけではないと思うけれど、日本人の精神構造はこういう側面もあることは知っておきたい。
理想と思うことは、実践しないほうが幸せなのかも。

レビュー投稿日
2010年7月10日
読了日
2010年7月2日
本棚登録日
2010年5月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『トラウマの国ニッポン (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『トラウマの国ニッポン (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする