自死という生き方―覚悟して逝った哲学者

3.54
  • (16)
  • (13)
  • (31)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 207
レビュー : 33
著者 :
fooさん ノンフィクション   読み終わった 

2006年4月に某県で自死した須原氏。65歳という年齢で、自分が自分でいられるうちにきちんとした形で人生を終えようとした哲学者の平常心の自死でした。日本には昔から武士道の「切腹」に代表されるような潔い死というのが存在します。自然死、事故死以外に、自分で自分の死を選ぶという時代がくるのではないか?それを自身の死という形で問いかけた遺書とも言える一冊。深く考えさせられましたが、ちょっと難しかったです。

レビュー投稿日
2008年8月11日
読了日
2008年8月11日
本棚登録日
2008年8月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自死という生き方―覚悟して逝った哲学者』のレビューをもっとみる

『自死という生き方―覚悟して逝った哲学者』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする