慟哭の家

3.43
  • (2)
  • (24)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 27
著者 :
fooさん 小説(あ行の作家)   読み終わった 

幸が丘団地で心中事件が発生した。ダウン症の息子と、妻を殺害し、自分も自殺を果たそうとしたができなかった押川透。弁護を担当した新藤は押川が死刑にしてほしがっていることを知る。押川家に何があったのか。障害児を育てるということはどういうことなのか。家族の苦悩はどれほどのことか。障害者の話を健常者が書くのは難しいと思いました。深く書こうとするほど難しい問題だと思います。

レビュー投稿日
2013年8月11日
読了日
2013年8月11日
本棚登録日
2013年8月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『慟哭の家』のレビューをもっとみる

『慟哭の家』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『慟哭の家』にfooさんがつけたタグ

ツイートする