万祝<まいわい>(3) (ヤンマガKCスペシャル)

3.36
  • (4)
  • (10)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 5
著者 :
ばくはつ五郎さん マンガ   未設定

このマンガ、はっきり言って、序盤はタルい。筋の通った物語を語るには、この辺のヤンマガ系連中は軽すぎるのだ。「ドラゴンヘッド」もそうだったけど、律儀にやるほど力不足と根の善人性のために停滞してしまう。が、この3巻後半あたりから、彼の魅力であるところの「脱線と能書き」がいい具合に増殖してきた。ちっちゃい人間なりの妄想とぐるぐる感」をクサくならずにポジティブに描く、稀有な才能だと思う。おじいちゃんの手紙には、ちょっと胸が熱くなった。

レビュー投稿日
2004年10月3日
本棚登録日
2004年10月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『万祝<まいわい>(3) (ヤ...』のレビューをもっとみる

『万祝<まいわい>(3) (ヤンマガKCスペシャル)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする