外骨という人がいた! (ちくま文庫)

3.70
  • (16)
  • (13)
  • (28)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 211
レビュー : 14
著者 :
bakzanさん 2011   未設定

表現を楽しみつつ日本語の奥深さを再認識されられるという、面白い体験をしました。でも著者が説明してくれながらでなければ「?」で終わってたところもいっぱいありそうだ。昔の人って知的で粋だったんだなあ。
現代でもこれに似た雑誌ってあるだろうか?ビートたけしと所ジョージのFAMOSO(不定期だけど)が一番近そうだ

レビュー投稿日
2011年1月3日
本棚登録日
2011年1月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『外骨という人がいた! (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『外骨という人がいた! (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする