ミッドナイト・バス

3.74
  • (64)
  • (153)
  • (122)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 767
レビュー : 146
著者 :
balisachikoさん 単行本   読み終わった 

やっぱりこの人の本は好きだ。
“家族”や人とのつながりを描いた作品が多いけれど、毎回必ずどこかで涙が溢れてくる。
ミステリーのように、ここが山場!とかハッキリしたものはないのに、そのシーンを頭に思い浮かべ、綴られてる言葉を読むと、ブワッと来る。

東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。
ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。

父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。
実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。
そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。

突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、
今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。
全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。

家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!

レビュー投稿日
2014年7月15日
読了日
2014年7月15日
本棚登録日
2014年1月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミッドナイト・バス』のレビューをもっとみる

『ミッドナイト・バス』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする