おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。(3) (イブニングKC)

3.73
  • (6)
  • (10)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 7
著者 :
banbeeさん 一般向けコミック   読み終わった 

 表紙絵と第36話最終コマのおせんさん、最初スルーしてましたがその後妙に長い首が気になってしまって・・・。第36話の扉絵くらいなら美を感じるんですけどね...。
 まあそれはともかく、真っ当シリーズ第3巻です。
 今回は、老舗料理屋の名物桜をめぐり、経営再建のため伐って別館を建てようとする側と1年で10日しか咲かない桜を1年中名物にしようとするおせんとのお話。真面目な話、難しい問題をこういう誰もが幸せになれそうな解決法で収まるといいんですけどねぇ。そもそも、今回だって桜咲いてる時期は我先にと予約して来るくせにそれ以外の時期に客が来なくて赤字が増えたってところが根本的な問題があると思うんだけどね。
 つづいてゲゲゲの女房ブームの便乗じゃないですが、妖怪雨女のお話w。雨女に一番ぴったりの男というオチも良かった。
 一番のトピックスは小説家河村氏の登場。おせんを上回るかもしれない目利きの持ち主で、いきなりおせんをコレ(小指)呼ばわりする発言も飛び出し、なかなかおもしろいキャラ。おせんも惹かれてるみたいだし、おもしろい展開になるかも。

レビュー投稿日
2010年11月23日
読了日
2010年11月23日
本棚登録日
2010年11月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。(3) (...』のレビューをもっとみる

『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。(3) (イブニングKC)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。(3) (イブニングKC)』にbanbeeさんがつけたタグ

ツイートする