黄色い部屋の謎 (創元推理文庫 108-1)

  • 東京創元社 (1965年6月21日発売)
3.31
  • (10)
  • (36)
  • (73)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 307
感想 : 40
4

物語の結末が非常にルパンっぽいと思ったらモーリスルブランもガストンルルーもフランス人作家なのね。半世紀も前に書かれた作品なので捜査方法や心理的なものに時代を感じざるを得ないが、それ以外はまるで色褪せていない…はさすがに言い過ぎだけど、3つある謎の内、タイトルにもなってる黄色い部屋の謎のトリックは秀逸です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ミステリ
感想投稿日 : 2011年11月17日
読了日 : 2011年11月17日
本棚登録日 : 2011年11月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする