ユリイカ 2016年8月号 特集=あたらしい短歌、ここにあります

  • 青土社 (2016年7月27日発売)
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 90
感想 : 4
4

短歌のささやかな日常感とか、定型を考えるとこれしかないという神の手みたいなものを面白がる歌人の感覚、詩のブレと短歌のブレなさ、背景にある人によって変わる印象、、穂村弘と最果タヒの対談が面白かった。
尾崎世界観とか壇蜜とかの短歌があってびびる。
読んでみたいひと歌集もちらほら。
いろんな短歌の考え方や、それぞれの立場からの考察、様々な時代や人・手法の短歌など、多方面から考えることができて面白かった。
短歌は小説とかに比べてまだよくわからないところも多い形態だけど興味はある…みたいな感じだったので、ちょうど良かったのかな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: うた
感想投稿日 : 2016年9月15日
読了日 : 2016年9月19日
本棚登録日 : 2016年9月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする