ファインダーの鼓動 初回限定版 (ビーボーイコミックス)

4.10
  • (11)
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 169
レビュー : 5
Kさん サイン本   読み終わった 

▼あらすじ
謎の刺客の襲撃から数か月、秋仁は山奥の寺で匿われていた。
麻見の身を案じる秋仁は脱走を図るが僧侶・道寛に連れ戻されてしまう。
秋仁の気持ちと覚悟を察した道寛は、秋仁に護身術や銃の扱いを教えるのだった。
一方、麻見は組織を守るため世界中を飛び回っていた。
香港に降り立つ麻見を迎えるのは、因縁のライバル・飛龍!
麻見と秋仁は再会できるのか…!?
大人気シリーズ9巻!!

戻りたい、麻見の元にーーー。
離れ離れになった二人は…⁉︎

***

ストーリーの完全度:★★★★☆
シリアス度:★★★★☆
あまあま度:★★★☆☆
エロ度:★★☆☆☆
萌え度:★★★★☆
総合評価:★4.0

待ちに待った新刊!!やっと続きが読める〜♬と意気揚々に本を開いて吃驚。秋仁、いきなりの山寺生活…!!!
考えてみれば前の巻を読んでから既に2年以上経過していて、前回どういう形で終わったのかすっかり忘れていた為、慌てて本棚から前の巻を引っ張り出しました…(^^;)

今回は戦闘シーンがメインで、期待していた麻見と秋仁のエロシーンは本編では残念ながらありません。
それどころか今回は麻見と秋仁は別行動の為、二人の絡みも少ないです。しょんぼり。
その代わり今回は飛龍の出番が多く、麻見と共に行動するのも飛龍、エロシーンがあるのも飛龍で、全体的に飛龍好きの人には嬉しい内容になっております(笑)
麻見も飛龍もとっても強くて格好良いので、二人が協力して戦う戦闘シーンは見応えがありました。

麻見×秋仁派の私には少々物足りなく感じる巻でしたが、最後は二人とも無事合流出来ましたし、次の巻からは麻見と秋仁の濃い絡みが見られるかな?と期待しております。
物語も緊迫した状況が続くなか、非常に良いところで終わっており、これからどうなるのか見当もつかないので続きがとても楽しみです!

因みに今回は麻見と秋仁のエロは無いと言いましたが、その分、書き下ろしと初回限定版、アニメイト限定版の小冊子はばっちりエロが載っていますので不満はありません!(^▽^)
特に書き下ろしでは赤ん坊をあやす麻見の貴重な姿が見られましたし、初回限定版の小冊子では戦闘モノのヒーロースーツに身を包んだ麻見のこれまた貴重過ぎる姿が見れたので寧ろ大満足なくらいでした(笑)
次巻が出るのはまた2年後かな…?単行本派なので続きが待ち遠しいですが、終わってほしくない作品なので現在進行形でお話が続いていると思うと嬉しいですね。
引き続き、次巻も楽しみにしております!(なるべく早めに出ますように!笑)

レビュー投稿日
2019年6月5日
読了日
2018年9月25日
本棚登録日
2018年9月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファインダーの鼓動 初回限定版 (ビーボ...』のレビューをもっとみる

『ファインダーの鼓動 初回限定版 (ビーボーイコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする