(094)銀 (百年文庫)

2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
バートルビーさん 百年文庫   読み終わった 

・堀田善衛「鶴のいた庭」×
飛行機の銀か。もはや記憶になし。

・小山いと子「石段」△
びっこの父親とかったるい姉弟と旅行中なにかといっしょになってしまって、あーかったるという話。なんとなく不気味な雰囲気に満ちているのに、最後に美談になるのにはしらける。

・川崎長太郎「兄の立場」△
いかにも私小説ったるい。実家の魚屋を継ぐのが嫌で飛び出した兄が、小説で身を立てながら、弟にも大学に通わせてあげたい、絵を描かせてあげたいと思い両親と対立するが、ぼかぁーほんとに口だけだなぁーという話。

レビュー投稿日
2013年8月20日
読了日
2013年8月3日
本棚登録日
2013年8月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『(094)銀 (百年文庫)』のレビューをもっとみる

『(094)銀 (百年文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする