ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)

4.08
  • (141)
  • (196)
  • (94)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 1813
レビュー : 99
著者 :
Bataさん ライトノベル   読み終わった 

遂に語られる「プロジェクト・アリシゼーション」。フラクトライトは無理だろうが、現実にも各国で取り組まれているようなAIの軍事利用。そこまでやるなら戦争もVR空間でやって欲しいと思ってしまう。

なぜ無垢なフラクトライトが必要なのかは納得できる理由。もしかすると人間も前世とかの記憶を持たずに生まれるのは同じような理由なのかもしれないなぁと思ってしまいました。

さて本巻、謎が散りばめられています。

・アンダーワールドは≪ザ・シード≫から作られているはずなのに、ソードスキルが使えるのはオリジナルのカーディナル・システムが使われているのか?(どこから入手?)

・「ダークテリトリー」とモンスター達を作ったのは誰で、何故?(禁忌目録があるので、実際に存在しなくても問題ないはず)

・「マスター」「かの者」とは誰? 「マスター」は明らかにシステム管理者権限を持っていそう。

・下位規則に縛られない「貴族」の存在、設定したのはプロジェクトの一環?

・戦闘も戦争もないのに、剣技がこんな発展しているのはどうしてなのか?

・イメージすることが力になるのは、当初からののシステム機能、それとも別の誰かの介入?(「シンイ」はやはり「心意」なのか?)

「アクセル・ワールド」のシステムは確実にアリシゼーションの先にあると確信させてくれます。茅場晶彦氏がまだ何かしていそうな感じもするし、続きを早く読みたくなります。

レビュー投稿日
2018年12月8日
読了日
2018年12月7日
本棚登録日
2018年11月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ソードアート・オンライン10 アリシゼー...』のレビューをもっとみる

ツイートする