マンガ蟹工船

制作 : 白樺文学館多喜二ライブラリー 
  • 東銀座出版社 (2006年11月7日発売)
3.40
  • (4)
  • (5)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 14
3

小林多喜二によるプロレタリア文学の代表作をマンガで表現したもの。「30分で読める」「大学生のための」というタイトルの補足は実態をよく表していると思う。ラストに数ページ解説が入る。

資本家に搾取される労働者階級、というのは今の自分には当て嵌まらないのでピンとこないが、かつてあったこと、どこかで起こっていること、という意味で抑えておくのは必要か。

PDFはここで公開されている。

http://www.takiji-library.jp/collection/read/kanikousen/kani_cmc.pdf

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: コミック・マンガ
感想投稿日 : 2020年7月5日
読了日 : 2020年7月5日
本棚登録日 : 2020年7月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする