サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)

3.49
  • (386)
  • (438)
  • (1525)
  • (28)
  • (3)
本棚登録 : 4408
レビュー : 283
著者 :
制作 : 竹 
小森 論さん 講談社   読み終わった 

魅力的な登場人物たち。

総評
書きたいことは(上)で書きましたので。ここではこの作品の魅力的(好きな)キャラについて述べます。
まずは表紙の「石丸小唄」。ミステリアスにして若干挑発的な態度が惹かれます。あとこの表紙、「戯言」で個人的に一番好きです。
あと「三好心視」先生ですね。あまりネタバレにならないよう書きますが、敵味方がよく分からない空間で、主人公たちの唯一頼りになるキャラではないでしょうか。もし自分もこの場にいたら、唯一心を許してしまいそうです。(結構ヘンな人ですが)

レビュー投稿日
2015年4月12日
読了日
2015年4月11日
本棚登録日
2015年4月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (...』のレビューをもっとみる

『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)』に小森 論さんがつけたタグ

ツイートする