イエスの生涯 (新潮文庫)

3.75
  • (130)
  • (133)
  • (217)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1318
レビュー : 142
著者 :
ばあチャルさん 2018年   読み終わった 

2001年、911アメリカ同時多発テロの衝撃の後、イスラム教ユダヤ教キリスト教についての本を少しばかり読んだ。読んだけれどもよくわからないというのが本音である。

その当時集めた中で今までなぜか読まず最後に残ったのがこの『イエスの生涯』もうすぐクリスマスだが、この本はイエス様が厩で生まれたとは書き始まっていない。ところがこれがわかりやすかった。遠藤周作氏の人柄と作家の力量だからだろう。

西洋画に書かれた神々しい像は、後の時代の想像力によってなされたので、容貌も平凡な中東人がどうしてイエスキリストなのか?

イエスはユダヤ人で大工さんであった。ナザレというところで30~40代まで近親者と働いて暮らしていたが貧しかった。そんな普通の人が思うところあったのか、困る身内の反対を押し切り、捨てて家出してしまう。そして放浪の生活。原始キリスト教に出合のだが、原点は貧困にあえぐ人々への同情。奇跡を起こすでもなく、救済者メシアでもなく、何にもできない無力者のイエスが政治的陰謀にはめられて、ゴルゴタの丘で十字架にかけられてむごたらしく殺される。その処刑されたということにキリスト教の意味があるという、遠藤氏の直観力が開示される。

おおざっぱに言ってしまったが、遠藤氏が思索なさったことに妙に納得してしまった。
この後編に『キリストの誕生』をお書きになったが。

レビュー投稿日
2018年11月25日
読了日
2018年11月24日
本棚登録日
2018年11月25日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イエスの生涯 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『イエスの生涯 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『イエスの生涯 (新潮文庫)』にばあチャルさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする