どんな咬み犬でもしあわせになれる 愛と涙の“ワル犬”再生物語

著者 :
  • KADOKAWA (2021年1月28日発売)
3.45
  • (0)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 4
4

人を咬む、暴れて散歩が出来ないなどの問題行動により殺処分寸前の犬たちを保健所から引き取り、躾し直し、新しい飼い主さんを見つけて引き渡すという活動をされているポチパパさんの本です。

この方のYouTubeを見るまで間違った躾をしてきた部分がたくさんあり、考えを改めさせられました。
犬中心の生活ではなく、人間の生活にあくまで犬が入ってきたという考え方で犬を甘やかしすぎず接することで犬との主従関係を結び、互いに幸せに暮らせるようになるのだと学びました。

こちらの本はそんなポチパパさんがどうやって今の活動を始めるようになったのか、問題犬と出会ってどのように関係を築いていったのかなどが書かれています。
後ろの方に犬とのよい関係を作るためのヒントやポイントも書かれています。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年6月28日
読了日 : 2021年6月28日
本棚登録日 : 2021年6月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする