キラキラ共和国

4.12
  • (102)
  • (127)
  • (60)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :1228
  • レビュー :131
著者 : 小川糸
べあべあべあさん 2017年11月   読み終わった 

ドロドロしたイヤミスも、あっと驚くどんでん返しミステリも、スカッとさわやかな青春小説も、どれも好きですけど、やはり読み終わった後にほっと肩の力が抜けるような、心の温度が一度上がるような、そんな優しい小説がいちばん好きです。
『ツバキ文具店』を読み終わってからも自分の中にずっと住んでいるぽっぽちゃんたちとNHKのドラマでまた出会えたことがうれしくて仕方がありませんでした。終わった時のあの喪失感たるや。
そして、今度は新しい一歩を踏み出したぽっぽちゃんたちとの再会がかなうなんて!
今回は代書のおはなしたちよりも彼女たちの人生の変化の大きさに驚いたり喜んだりわくわくしたり、そして哀しくなったり…なんていうか、とても穏やかにゆっくりと走るジェットコースターに振り回されるような、そんな楽しみに満ちていました。
ぽっぽちゃんの心が安定してきたから、舞い込んでくる代書のおねがいも心優しいモノになっているのかもしれませんね。
それにしても人生って本当にどんな風に転がるかわからないものですね。彼女たちをみているとそう思います。
ある日、偶然の出会いで人生が変わっていく。そしていくつもの選択の結果、私たちの人生はのぼったりおりたり曲がったり戻ったりしているのですね。だから面白い。
読み終わるのがいやで、後半は一日一章ずつ読んでいきました。なんていうか、気分はご近所さんなんですよ、明日、水色の便せんを買いに行かなきゃ、なんて思ったり。
願わくば、誰もが笑顔で明日も過ごせますように、と、ただただそれだけ

レビュー投稿日
2017年11月1日
読了日
2017年11月1日
本棚登録日
2017年11月1日
11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『キラキラ共和国』のレビューをもっとみる

『キラキラ共和国』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする