たゆたえども沈まず

著者 :
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
4.07
  • (431)
  • (596)
  • (267)
  • (28)
  • (5)
本棚登録 : 5084
感想 : 569

信念と恐怖、矜持と不安。自分が信じる道をただひたすらに前を向いて歩き続けているように見える4人の男たちにとって、その道ははたで見ているよりもはるかに険しく不安定で細く暗い。
なのに、なぜそんな道をまっすぐにブレずに歩き続けられたのか。
この小説を読むまで、ゴッホについての知識はあの強烈な色彩の絵と代表的な絵、浮世絵の影響と彼を支え続けた弟の存在、ゴーギャンとの生活そして耳と狂気と自死、その程度だった。ゴッホのあの絵の後ろに日本人がいたことなど全く知らなかった。
日本が文明開化の波の中で大きく動いていたその時代に、遠く離れたフランスでも大きな波にもまれたゆたいつつも、沈まぬようにもがいていたゴッホと彼を支え続けた3人の男たち。彼らの夢を、葛藤を、そしてその慟哭を、125年の時を超えて原田マハが鮮やかに蘇らせてくれた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2017年10月
感想投稿日 : 2017年10月29日
読了日 : 2017年10月29日
本棚登録日 : 2017年10月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする