タネはどうなる?!: 種子法廃止と種苗法適用で

3.55
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
著者 :
beakmarkさん キンドル   読み終わった 

いまはソフトウェアエンジニアだけど、私の学生時代の専門は進化生物学・昆虫生態学で、この本で扱っている内容はまったく専門ではないのだけれど、一応農学部も出ているし、植物遺伝学や育種学や栽培植物起源学の勉強もしたわけで。

その観点からはちょっと科学的な根拠に関する部分の議論が乱暴だと感じた。
多様性は維持されなれなければいけない、という主張の骨子そのものは理解はする、というか賛成するけど。

法的な根拠に関しては弁護士だという著者の言を信じることに、、、してもいいのかな。
ひとまず、種子法が廃止されたことに対する危機感は伝わってきた。

もろもろ判断は保留だけど、問題提起としては受け止めた。

レビュー投稿日
2019年5月5日
読了日
2019年5月5日
本棚登録日
2019年4月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『タネはどうなる?!: 種子法廃止と種苗法...』のレビューをもっとみる

『タネはどうなる?!: 種子法廃止と種苗法適用で』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『タネはどうなる?!: 種子法廃止と種苗法適用で』にbeakmarkさんがつけたタグ

ツイートする