ちび象ランディと星になった少年

著者 :
  • 文春ネスコ (2004年2月1日発売)
3.80
  • (16)
  • (15)
  • (24)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 118
感想 : 29
4

日本人で初めてゾウ使いになった少年。
幼い頃から動物園を経営する家で育ち
「ゾウの声が聞こえる」と言っていた少年
本来5年かかるゾウ使いの習得をわずか1年ですまし、
ゾウもゾウ以外の動物も不思議なほど彼になつく。

そんな特異な才能を持った彼の言葉は
動物を大切にすること、の本来の意味を教えてくれました。
甘やかすのは愛情じゃない。
共に生きる仲間だからこそ、ルールが必要なんだ。

彼のような人がわずか10代で亡くなってしまったことが
悔やまれます。ご冥福をお祈りします。

そして早く彼の夢だった、ゾウの楽園が日本に出来ますように。。。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年3月2日
読了日 : 2013年3月2日
本棚登録日 : 2013年3月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする