逆説の日本史1 古代黎明編(小学館文庫): 封印された[倭]の謎

3.73
  • (93)
  • (134)
  • (167)
  • (10)
  • (6)
本棚登録 : 1185
レビュー : 119
著者 :
beckさん 本・雑誌   読み終わった 

オーディオブックで視聴中。

逆説というよりも、当時の常識や時代背景、文化的側面から歴史的事実を推察していく感じの本。常識というものは記録されないモノである、という前提に立ってダイナミックに仮説を考証する様は痛快。歴史好きには「あー、なるほど、そういう解釈か」と新しい視点を与えてくれること請け合いです。

ただ、不必要にアカデミズムや唯物論を攻撃する向きがあって、正直そういうのは読者にとってどうでもいいんだけどなぁ、と思う事もしばしば。

レビュー投稿日
2018年10月14日
読了日
2015年3月19日
本棚登録日
2018年10月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『逆説の日本史1 古代黎明編(小学館文庫)...』のレビューをもっとみる

『逆説の日本史1 古代黎明編(小学館文庫): 封印された[倭]の謎』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『逆説の日本史1 古代黎明編(小学館文庫): 封印された[倭]の謎』にbeckさんがつけたタグ

ツイートする