知の逆転 (NHK出版新書)

3.84
  • (290)
  • (537)
  • (332)
  • (51)
  • (16)
本棚登録 : 4105
レビュー : 470
masaaki.oyabuさん  未設定  読み終わった 

☆☆☆☆
『知の逆転』(吉成真由美)
ジャレド・ダイアモンド、ノーム・チョムスキー、オリバー・サックス、マービン・ミンスキー、トム・レイトン、ジェームズ・ワトソン
上記6名の現代の叡智に吉成真由美が「平和」「資本主義」「人生」「インターネット」「宗教」「教育」という共通の質問をぶつけながら6名の奥深い洞察を引き出してゆく。

同じ内容の質問であっても、6名の人物の中から読者がもっとも興味があるだろうものを引き出すために、吉成がする問いが素晴らしい。
それぞれの人物の頭のなかの観念やら、風景やらが良く伝わってくる。イメージとしては、6名の偉人を横並びにして同時にCTスキャンを撮り、6つの検査項目の画像データを披露しているような感じだ。(さすがに、どの画像データも常人のものとは違い、問題アリだ)

個人的にはチョムスキーの「自分から知りたいと思うように励ますのが教育だ」という姿勢と、専門分野である‘言葉に対する考察’に興味を惹かれたのと、
ジェームズ・ワトソンの『生命とは、分裂・成長することを目的とした、選択され組織化された分子の集まりである』という凝縮された言葉や、『事実の上に立って独立して考える能力が、事実から意味を汲み取ることができる人間にする』という科学者を目指す学生へ向けたと思われる言葉がジェームズ・ワトソンという人物に興味を持たせた。

如何にしても、インタヴュー集なのでどうしても尺が短く、伝わってきた熱は微かなものにとどまってしまっている。
それぞれの偉人の頭の中を旅するには、それぞれの人物の著書を読むことになる。
是非、ノーム・チョムスキー、オリバー・サックス、ジェームズ・ワトソンの著書をトライしてみよう。
2017/04/29

レビュー投稿日
2017年4月29日
読了日
2017年4月28日
本棚登録日
2017年4月23日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『知の逆転 (NHK出版新書)』のレビューをもっとみる

『知の逆転 (NHK出版新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ジャレド・ダイアモンドの作品一覧

ジャレド・ダイアモンドの作品ランキング・新刊情報

ツイートする