あなたはなぜあの人の「におい」に魅かれるのか

3.52
  • (4)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 11
masaaki.oyabuさん  未設定  読み終わった 

★いろいろな知識をいただきました。
"におい"というものを切り口に周辺の様々な、感覚器官の知識やそれにまつわるエピソードの紹介は、本当にトリビアで会話のネタになるものから、普段の生活にすぐに活かせるもの、ビジネスのヒントになるものまで、人間の感覚器官を知り尽くした感じがする程のものです。ことに、"におい"は実際に
他の感覚器官の研究からは遅れていたようだし、人間にとっては視覚があまりにも、優位にあるためにみすごされてきたのだが、この本を読んで、考えを改めた。究極の選択で「視覚喪失か嗅覚喪失か?」と問われたら今は間違いなく視覚喪失を選択してしまう。
『 嗅覚を失うと、わたしたちは自己と他人の違いを知る能力が曖昧になります。感情の世界が鈍感になるか、妨げられます。食事を楽しむこともできなくなります。健康も、性的な欲望も衰えます…。』
この本の翻訳も素晴らしく、言葉が著者の筆をとおして選ばれているようで、修飾する言葉が文脈を読む者の嗅覚を心地よく刺激してくれる。
ひさびさに、Body Shopに行ってみよう。

レビュー投稿日
2013年6月4日
読了日
2013年6月4日
本棚登録日
2013年6月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あなたはなぜあの人の「におい」に魅かれる...』のレビューをもっとみる

『あなたはなぜあの人の「におい」に魅かれるのか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする