Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (UK) (Paper) (3)

著者 :
  • Bloomsbury Publishing PLC (2000年4月1日発売)
3.88
  • (109)
  • (45)
  • (144)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 478
感想 : 73
5

2週間で読み終えた!一番早く読み終えれた!3巻中一番分厚いのに笑

やっぱりこれが一番好き!!
シリウスもルーピン先生も好きだし、二人が会話するシーンは本当に最後しかないけど、何か、いいなって思う
すごい誤解をお互いにしてたのに、一瞬で昔の仲に戻っちゃうなんてさ そういう関係も、二人のジェームズに対する思いもすごいいいなって思う (まぁ二人は変わった境遇にあった中での友達の存在が大きかったっていうのが強いとは思うけど)
あとは、ハリーとハーマイオニーが二人で行動してるとこが多いのも理由の一つだったりする 未だに出来れば二人にくっついて欲しかったと思ってしまうくらい、このペアが好き H/GとR/Hもいいんだけど、やっぱりこのペアが・・・

シリウスが捕まった後にスネイプがでっち上げを言ってる時に、スネイプとハリー達3人の記憶覗けばいいじゃんとか思ってしまった
もちろん記憶の操作が可能なのは知ってるけど、錯乱の呪文解けば・・・とかいろいろ先を知ってる今となっては考えてしまった
でも、ダンブルドアが言ってたように、一つ一つの出来事が、見えてる/思ってる以上に複雑でいろんな条件が重なったことによって生じているのなら、(フィクションの世界の中とは言え)7巻までの未来のことを思うとやっぱり違う展開は無理なのかなと

そうそう、セドリックとチョウがシーカーだってことすっかり忘れてて・・・二人にビックリした 結構覚えてないもんだなと
てか好きなシーンしか覚えてないんだなと


この先からどんどんボリュームが増して、どんどん悪の力が強くなっていくんだよね 読むの大変そうだけど、頑張る
3巻はだいぶ伏線も多いし、その回収とか、今回もだったけど、映画との相違点とか見付けながら、ちゃんと読みたいな 
大分原作の記憶が映画で塗り替えられているとこの3冊で理解した

(話が複雑になっていくのと同時にどんどん専門用語というか造語が増えるから大変そうだ
4巻とか他校の人の訛りのある英語をちゃんと理解出来るかも少し不安だ ハグリッドのでさえ未だにギリギリなのに・・・)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Book in Eng♪
感想投稿日 : 2013年10月9日
読了日 : 2013年10月9日
本棚登録日 : 2013年10月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする