とある魔術の禁書目録(インデックス) (4) (電撃文庫)

3.45
  • (82)
  • (117)
  • (295)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 1899
レビュー : 73
著者 :
制作 : 灰村 キヨタカ 
Beluga0617さん 小説   読み終わった 

前巻の影響でほとぼりが冷めるまで学園外に追い出されて、強制的に家族旅行に行くことに。
そこでエンゼルフォールという術式の影響で、世界規模で人が入れ替わるという異変が発生するという話。
結局そのエンゼルフォールの詳細がよく理解できなかった。

当麻は記憶を失って覚えてないけど、不幸体質ではあったけど両親にしっかり愛されていたんですね。
ただのオッサンである父親だけど、当麻の親だなという人格ではあってカッコ良かった。

そして最後は土御門が全部持って行った気がする。

ところどころ笑いもあって楽しい巻でした。
青ピの水着姿は絵にしちゃダメでしょ。。。

レビュー投稿日
2016年9月26日
読了日
2016年8月17日
本棚登録日
2011年6月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とある魔術の禁書目録(インデックス) (...』のレビューをもっとみる

『とある魔術の禁書目録(インデックス) (4) (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『とある魔術の禁書目録(インデックス) (4) (電撃文庫)』にBeluga0617さんがつけたタグ

鎌池和馬の作品一覧

鎌池和馬の作品ランキング・新刊情報

ツイートする