エクソシストとの対話 (講談社文庫)

3.47
  • (1)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 11
著者 :
べそかきアルルカンさん ノンフィクション   読み終わった 

興味本位のオカルト本ではありません。バチカン公認のエクソシスト、カンディッド神父を中心に、その活動の実際と、周辺の人々の証言で構成されたノンフィクションです。もちろん医学者や心理学者など、宗教関係者以外への取材もされています。
本書を読んで知ったのは、エクソシズムはオカルトとは無縁の、厳格な形式をもった祈りの儀式だということです。エクソシズムとは告解であり、人と向き合い、その心の声に耳を傾けること。エクソシズムの本質は魂の救済にありました。
悪魔という概念は、クリスチャンでない者にとっては理解しがたいものですが、悪魔憑きと呼ばれた瞬間から、人の苦悩は意味を持ち始めるという一文は印象的でした。
心とは何か?信仰とは何か?ということを深く考えさせられ、聖職者のあるべき姿に感動を覚える一冊でした。

レビュー投稿日
2012年6月23日
読了日
2012年6月23日
本棚登録日
2012年6月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エクソシストとの対話 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『エクソシストとの対話 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする