ゼーロン・淡雪 他十一篇 (岩波文庫)

3.52
  • (3)
  • (8)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 105
レビュー : 8
著者 :
なつめさん 日本 - 小説/物語   読み終わった 

ダメと世界音痴のコンボ短編集。狂騒的世界、主人公の痛いような緊張状態、突然終わる構成などなど、作者の不安定さ、足掻きがよく表れている。自分がふがいないときなにか叫びだしたいような気持ちになるものだが、そういう気分によく合う本だった。

牧野は自己の荒馬から振り落とされてしまったように思われた。このように書き続けていくことでバランスを取り、生きていけていたら良かったのだけれど。

「泉岳寺付近」「天狗洞食客記」が、ほどほどに落ち着いたトーンでダメさが描かれていてよかった。

レビュー投稿日
2014年5月31日
読了日
2014年5月31日
本棚登録日
2014年5月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゼーロン・淡雪 他十一篇 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『ゼーロン・淡雪 他十一篇 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする