酒の肴・抱樽酒話 (岩波文庫)

3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
著者 :
なつめさん 家政学/生活科学   読み終わった 

中国文学者の青木先生が、中国と日本の古文書を引用しながら美味しいものについて語る随筆集。中国の詩人は酒がうまいライチがうまいと詩作に励み、日本の誰かも俳句だか短歌だかをひねっていた。名作じゃないんだろうけど、日常を楽しんでいる様子がよろこばしい。その姿勢は青木先生も同じで、夕方になるとそわそわして豆腐で一杯やりはじめる。誰でもまねできるお楽しみである。

レビュー投稿日
2013年6月22日
読了日
2013年6月22日
本棚登録日
2013年6月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『酒の肴・抱樽酒話 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『酒の肴・抱樽酒話 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする