無限抱擁 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (2005年8月11日発売)
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 6
4

純粋さ、ごまかしの無さに打たれた。初めのうちは人物が多くてごちゃごちゃした印象だったけれど、物語が進むにつれて夫、妻、その母の三人に焦点が絞られていき、最終章は息をつめて、数ページ読んでは休憩を繰り返して読み終わった。書き手の思いがぎりぎりまで凝縮された、ずっしり密度が高い私小説。

たぶん信一はいろいろ気が付かない男で、松子はすごく我慢させられたと思う。でも彼は時間をかけて自分を省みたり、人の気持ちを考えたりできる人で、すごく大人だった。そんな大人が全身全霊をかけて人と向き合っていて、それが「貧乏で結核で妻が死ぬ」というテンプレどおりの話を、一等星の輝きを放つ名作にしたのだと思う。

瀧井孝作は車谷長吉の上流にいる人かもしれない。言葉遣いがちょっと似ているし、男の純情がよく伝わってくる。「ああこれは上手い手じゃないけど、愛なのねー」とときどき思った。

古井由吉の解説が現代の読者向けにわかりやすくてとても親切。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本 - 小説/物語
感想投稿日 : 2013年12月18日
読了日 : 2013年12月18日
本棚登録日 : 2013年12月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする