細雪(上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (1955年11月1日発売)
3.91
  • (308)
  • (257)
  • (349)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 3738
感想 : 268
4

戦争中は言論統制によって発表の場を奪われていた『細雪』だけれど、上巻はどこに差し支えがあったのかわからないのんびりホームドラマ。というか雪子がはっきりしなさすぎで驚き呆れる。上流なのか関西なのか、まったく別文化の世界。

着飾った三姉妹が外出するシーンが、においたつようなうつくしさ。これは映画化されるのがよくわかる。あと、ウサギの耳というか足の話は、谷崎らしいなと思った。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本 - 小説/物語
感想投稿日 : 2013年7月23日
読了日 : 2013年7月23日
本棚登録日 : 2013年7月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする