泉鏡花集 黒壁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

3.74
  • (11)
  • (7)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 161
レビュー : 10
著者 :
制作 : 東雅夫 
なつめさん 日本 - 小説/物語   読み終わった 

美しく気味悪く催眠効果の高い怪談集。読んでいるうちにぼんやりしてきて何度も電車のなかでうつらうつら。主語が後回しのくねくねした文章は正直わかりづらくて、これまた何度も前のページに戻らされた。それなのに喚起するイメージはとても鮮やかで、自分が確実になにかを受け取ったことがわかる。ぼうっとしているうちに無意識が鏡花の文章を解釈してくれたような、不思議な感覚を味わった。

吐き気をテーマにしたアンソロジーがあったらぜひ入れてほしい「紫障子」と「尼ヶ紅」が特によかった。

レビュー投稿日
2013年9月3日
読了日
2013年9月3日
本棚登録日
2013年9月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『泉鏡花集 黒壁―文豪怪談傑作選 (ちくま...』のレビューをもっとみる

『泉鏡花集 黒壁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする