皆川博子作品精華「幻妖」―幻想小説編

4.15
  • (26)
  • (10)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 13
著者 :
なつめさん 日本 - 小説/物語   読み終わった 

2001年までに発表された幻想短編小説集。以前、『ゆめこ縮緬』と『猫舌男爵』を無心に読んで「雰囲気が違う...」と驚いた。皆川博子は軽々とジャンルを越えるひとなのだ。

巻末に東雅夫の丁寧な解説が付いているので、気に入った話から好みに合う単行本を探せる。今後は優美な和風幻想系と、クールな狂気全開のホラー系を読むことにした。

和風幻想では中洲の病院シリーズ(連作とは知らなかった)の「月琴抄」と「文月の使者」、狂気ものでは「猫の夜」と「結ぶ」が特に良かった。「猫の夜」はほんとにいけない。この一話だけでも読む甲斐あり。

レビュー投稿日
2011年12月15日
読了日
2011年12月15日
本棚登録日
2011年12月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『皆川博子作品精華「幻妖」―幻想小説編』のレビューをもっとみる

『皆川博子作品精華「幻妖」―幻想小説編』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする