アンダーソン短編集

  • 近代文藝社 (2001年6月1日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 3
3

新潮社の『アンダスン短編集』と内容が重複していないところに、訳者の「もっとアンダーソンを読んでほしい」という心意気が(たぶん)現れていてよい。が、選り抜き版に入らなかった二軍が収録されているという可能性もある。これからアンダーソンを読むなら新潮社版の後のほうがよいと思う。

しかし訳者が個人的に好みの短編を選んだ可能性も捨てきれず、そうだとしたら「激しくて混乱している」話がより抜かれているかも。今までに読んだアンダーソンに比べると、理解されることへの切望や孤独より、感情に圧倒されること、妄執の要素が強めで、スケッチのような話らしい話がないものが多かった気がする。

好みだったのは「男の物語」「女王のように」。ある程度話の筋があり、典型的でなく、登場人物に個性がある。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 英米 - 小説/物語
感想投稿日 : 2018年10月14日
読了日 : 2018年10月14日
本棚登録日 : 2018年10月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする