マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 (ハヤカワ文庫JA)

3.93
  • (255)
  • (175)
  • (256)
  • (15)
  • (6)
本棚登録 : 1434
レビュー : 137
著者 :
凪野基さん 本・雑誌   読み終わった 

69:アシュレイとのブラックジャックの勝負シーンは、静かながら確率と運の波を疾走するような力強いものでした。7のカードが3枚、というのは、バロットとウフコックとドクターの3人を現しているのでしょうか。アシュレイとベル・ウィングのカジノメンバーがとても印象的だったので、ラストのボイルドとの決着は(これ抜きに語れないことだとしても)カジノに比べて読む勢いが衰えてしまったのが残念でした。集中力が続かないほど、濃密なクライマックス。当初否定的なことも言ったし、それはあまり変わってはいないけど、1巻を読み始めた頃の拒否感というのはあまりなくて、つまり端的に言うと、面白かった!

レビュー投稿日
2018年10月8日
読了日
2010年6月27日
本棚登録日
2018年10月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マルドゥック・スクランブル―The Th...』のレビューをもっとみる

『マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 (ハヤカワ文庫JA)』に凪野基さんがつけたタグ

ツイートする