聖アントワヌの誘惑 (岩波文庫 赤 538-6)

3.92
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 6
bibliomagiaさん 文学・小説・随筆   読み終わった 

修道士生活の創始者とされる聖大アントニオスを題材した、劇形式で書かれたフローベールの小説です。隠遁生活の果てに、アントワヌが見た一夜の幻覚が描かれます。
ただ、多少の知識と、アントワヌが見た情景を思い描くことが出来ないと、楽しめないかも?

レビュー投稿日
2013年4月21日
読了日
-
本棚登録日
2013年4月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『聖アントワヌの誘惑 (岩波文庫 赤 53...』のレビューをもっとみる

ツイートする