福島正則―秀吉天下取りの一番槍 (PHP文庫)

3.19
  • (0)
  • (3)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 7
著者 :
征夷大将軍さん 戦国武将伝記   読み終わった 

侍になることを夢見る桶屋の倅・市松は、織田家の奉公人・福島市兵衛の養子となり、秀吉に仕えることになった。やがて本能寺で信長が斃れ、秀吉の大躍進が始まる。手柄を目指す市松は、賤ヶ岳の合戦で真っ先に兜首を取り、「七本槍」の筆頭として名を挙げ、その後、50万石の大名へと出世していくのである。乱世を、武将として誇り高く勇猛に生きた男を描く力作長編。

レビュー投稿日
2012年9月8日
読了日
2012年9月8日
本棚登録日
2008年5月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『福島正則―秀吉天下取りの一番槍 (PHP...』のレビューをもっとみる

『福島正則―秀吉天下取りの一番槍 (PHP文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『福島正則―秀吉天下取りの一番槍 (PHP文庫)』に征夷大将軍さんがつけたタグ

ツイートする