蜂須賀小六―秀吉の天下取りを支えた男 (PHP文庫)

3.10
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
著者 :
征夷大将軍さん 戦国武将伝記   読み終わった 

尾張の小豪族である蜂須賀党は、守護代・織田一族の内紛や尾張と美濃の抗争のなかで、厳しい立場に置かれていた。父の死後、蜂須賀の当主となった小六は、織田信長の急速な台頭を横目に木下秀吉に従属。墨俣築城に功を挙げ、その後はかれの軍団の要となって活躍する。齢四十を越えてつかんだ人生の「転機」であった。秀吉の天下取りを支えた蜂須賀小六の生涯を描く力作。

2008.3 読了

レビュー投稿日
2008年5月4日
読了日
2008年5月4日
本棚登録日
2008年5月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蜂須賀小六―秀吉の天下取りを支えた男 (...』のレビューをもっとみる

『蜂須賀小六―秀吉の天下取りを支えた男 (PHP文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『蜂須賀小六―秀吉の天下取りを支えた男 (PHP文庫)』に征夷大将軍さんがつけたタグ

ツイートする