世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

3.53
  • (116)
  • (198)
  • (380)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 1711
レビュー : 243
bigbang234さん 新書   読み終わった 

ゲーデルの「不完全性定理」…正しいとも正しくないとも判定できない命題が存在する、ということを証明。
アラン・チューリング…ある命題がゲーデルのいう"原理的に真偽を判定できない命題"であるかどうか、を判定する方法が存在しない、ということを証明。
真偽を判定できない命題を「悪魔的な問題」とすると、ゴールドバッハの予想(*)がその悪魔的な問題かどうかすら判定できない。

*ゴールドバッハの予想…「6以上の偶数はすべて二つの素数の和で表せる」
未解決。素数の定義は約数を持たないこと。約数は掛け算の話だけど、ゴールドバッハの予想は足し算の問題だから難しい。

「間違っていても、正しい方向に間違うところが天才」という話は、アインシュタインの宇宙項を思い出す。

レビュー投稿日
2017年6月11日
読了日
2017年6月8日
本棚登録日
2017年6月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新...』のレビューをもっとみる

『世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)』にbigbang234さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする