王妃の館 上 (集英社文庫)

3.55
  • (117)
  • (284)
  • (388)
  • (42)
  • (8)
本棚登録 : 1965
レビュー : 220
著者 :
ぶるさん 小説等   読み終わった 

テンポいい!
さすが浅田なのかも(^^)

今時当たり前なのかもだけど、登場人物が巻頭で確認できるのはいい。
一気に読めず、間空きながらだとどうしても忘れちゃうので(^^;

フィクションだから当然偶然は作れる。
できすぎの偶然は賛否あるかもだけど、これの偶然はわくわくする。
なんていうか、先が読めても、その課程がどうなるか気になる感じ(^^)

エピソードって実話なんだろうか。。。
実話だとしたら深い!
フィクションだとしたら、ここまでリアルにかけるのが上手い!(笑)
これがほんとなのかって新たな命題を出して、関連する他の本へいざなうみたいの、なかなかすごいかも。
ま、他でもありそうだけど(笑)

上に立つ者の辛さ。
この前見た映画「英国王のスピーチ」を思い出した。

まだ、上巻だけなのに思った。
映画じゃなくて本で読んで良かった、て。
映画は見てないし、映画が良くないというんじゃない。
これだけのボリュームを2時間とかの映画に納めるのは厳しい。
結果、はしょられるとこが出ちゃう。
アクションものは映画で見た方がいいから、それで映画の小説は読まなくなったのを思い出した。
けど、本、特に原作は本の方が良い場合もあるかもね(^^)
これ以外も、今まで見た映画の原作を読んでみるのもいいかもと思った。

週末に下巻を買います(^^)

レビュー投稿日
2015年5月20日
読了日
2015年5月20日
本棚登録日
2015年5月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『王妃の館 上 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『王妃の館 上 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする