ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)

4.30
  • (507)
  • (381)
  • (145)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 3725
レビュー : 312
著者 :
blockさん  未設定  未設定

モンスターをオタク的に愛するあまり
これを味わい、己の血肉にしたいと願う戦士ライオスが
片足つっこんでるフェティシズムの深淵それは
「他者」としての人間とモンスターの境界線をあいまいにし
なおかつ「自己」と「他者」の境界線をあいまいにする
まさにサイコパスの、狂気の世界なんだ
だけど彼の人間らしさをかろうじてつなぎとめているようでもあるのが
仲間たちと火を囲み、食事を囲むというその行為
やはり人間を人間とするのは家庭的な関係性なんだなあ
しかし、本当の身内である妹がパーティーに復帰したときどうなるか
それはまだわからない

レビュー投稿日
2015年5月15日
本棚登録日
2015年5月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)』のレビューをもっとみる

『ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする