逢いたくなっちゃだめ (ソフトバンク文庫NF)

4.13
  • (12)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 7
雪月さん  未設定  読み終わった 

猫が可愛い俳句の本。

俳句の、本。


タイトルにもなっている

「椿さくたびに逢いたくなっちゃだめ」 池田澄子

もすごく共感できるのですが、他にも

「寂しいと言い私を蔦にせよ」 神野紗希
「たんぽぽと小声で言ひてみて一人」 星野立子

などなど、身に覚えのあるような、でも何だか特別なような、
そんな「恋」を思わせる俳句がたくさん。
「堅い」とか「難しそう」とか言わずに読んでみてほしい本。


因みに私にズシっときた句は


「百日紅まことの愛は遂になし」 金子兜太

レビュー投稿日
2008年5月23日
読了日
2008年5月23日
本棚登録日
2008年5月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『逢いたくなっちゃだめ (ソフトバンク文庫...』のレビューをもっとみる

『逢いたくなっちゃだめ (ソフトバンク文庫NF)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする