世界を変えた10冊の本 (文春文庫)

3.92
  • (84)
  • (169)
  • (87)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1576
レビュー : 149
著者 :
bluehillさん 時事評論・エッセイ   読み終わった 

『聖書』『コーラン』『種の起源』『資本論』といった定番中の定番から、『イスラム原理主義の「道しるべ」』という(少なくとも私にとっては)聞いたことのない書物まで計10冊、池上先生が簡潔ながらも分かりやすい解説を付して紹介している。特に『道しるべ』については全く予備知識がなかっただけに、大いに勉強になった。

奇しくも先日、ここで取り上げられている『アンネの日記』が破られる事件があったが、その際、イスラエル大使館がなぜ『アンネの日記』を大量に寄贈したのか、本書を読めばその理由がよく分かるだろう。個人的な悲劇は何かと政治的なプロパガンダに利用されやすいのだ。また、同じく本書で紹介されているケインズの財政政策とフリードマンの金融政策を知ることは、アベノミクスを理解する上でも参考となると思う。

池上先生のレクチャーにはいつも感心しているけれども、その土台には、おそらく若い頃に読んだであろう膨大な量の古典の蓄積があったのだなぁ、と改めて感心させられた。世にはびこる自称コメンテーターとはやはり年季が違う。

書名は「世界を変えた」と過去形になっているが、ここに挙げられた10冊は、それぞれがそれぞれの形で今なお世界を変え続け、現在の世界を形作っている。その意味でこれは「世界を知るための10冊の本」でもあるのだ。

レビュー投稿日
2014年3月27日
読了日
2014年3月27日
本棚登録日
2014年3月27日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界を変えた10冊の本 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする