道元 (河出文庫)

3.15
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 8
著者 :
bluejay2007さん 哲学   読み終わった 

「そうだったのか道元」と名付けたくなる程、分かりやすい道元入門。「仏道」は「善意志」、「仏性」は「普遍的法則」と解釈すれば確かに道元は、カントがキリスト教の影響の上で打ち立てたヨーロッパ的な倫理学の高みに、仏教の上に立って600年も前に到達している。和辻哲郎がこれを著した大正年間に、日本の思想がヨーロッパから日本に回帰してきたと考えれば、思想史的に大きな意義のある書物なのだろう、と思う。

レビュー投稿日
2012年6月24日
読了日
2012年6月24日
本棚登録日
2012年6月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『道元 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『道元 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする