魍魎の匣 (講談社ノベルス)

3.89
  • (757)
  • (412)
  • (961)
  • (21)
  • (0)
本棚登録 : 3912
レビュー : 419
著者 :
彩花さん 京極夏彦   読み終わった 

あれほどボリュームがあって、濃いストーリーだった「姑獲鳥の夏」が、まるで序章であったかのような、そんな気さえする。
なんだ?この世界は?まさに、「みっしり」と詰まっている。

思春期の少女たちの幻想と現実に翻弄されつつ、
刑事、木場修太郎の匣。
孤独な若手幻想作家、久保の匣。
元女優、美波絹子の匣。
登場人物たちの様々な匣の中をのぞいてゆく感じ。

物わかりの悪い作家、関口にイライラしつつも、そのおかげで内容を深く理解することができる。
とぼけていながら核心をつく探偵、榎木津が周りを振り回し、クライマックスに向け、憑き物落としに立ち上がる古本屋、京極堂。
そして、匣は壊されてゆく・・・

とにかく物語に入り込みすぎて、その匣を覗いてみたくなったことは、もちろん、危うく、ほんの一瞬だが、その匣に入ってみたい。と思ってしまった。
かなり、危険である。

読了後はかなりの達成感。面白かった。

そして、憑き物落としの京極堂こと中禅寺秋彦に魅せられた。

レビュー投稿日
2012年7月8日
読了日
2012年5月30日
本棚登録日
2012年7月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魍魎の匣 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『魍魎の匣 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『魍魎の匣 (講談社ノベルス)』に彩花さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする