ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

3.70
  • (310)
  • (714)
  • (632)
  • (76)
  • (18)
本棚登録 : 4830
レビュー : 447
著者 :
bochibochi73さん  未設定  読み終わった 

誉田哲也とは、さも恐ろしい作家だ。
惨い場面を、これでもか、これでもか、と突きつけてくる。
犯罪小説を書くがために生まれてきたのか。
そうとしか思えない。

同著者は他に、『ストロベリーナイト』を始めとした『姫川玲子』シリーズも世に送り出している。
姫川シリーズを“子どものためのグリム童話”と例えるなら、同書は“大人のためのグリム童話”といったところだろうか。

姫川シリーズを面白いと感じるならば、きっと同書ではそれ以上の満足を否、恐怖を感じることだろう。

これから先、門倉は、そして伊崎はどうなるのだろう。
そして、この物語はどのような局面を迎えるのか。
これ以上の恐ろしさが待ち受けているのだろうが、続編を読まずには終えられない。そう、読まないと気が済まないんだ。

レビュー投稿日
2013年10月26日
読了日
2013年10月26日
本棚登録日
2013年10月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文...』のレビューをもっとみる

『ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする