私たちはいまどこにいるのか 小熊英二時評集

4.18
  • (15)
  • (15)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 16
著者 :
ぼくさん ノンフィクション・学び系   読み終わった 

うわーうーあー。
ありがとうございます、小熊さん!って
やっぱり言いたくなる本でした。

現在まで日本で言われてきた歴史・思想・出来事について、
広い視点で
「いろいろあれこれ言ってるけど、
こういう理由でこうなっただけだよね?」
と整理された内容とわかりやすい例えでポンポン言われて、
「はあ…そうですよね。それだけのことで…そうですよね。
なんで今まで、あんなこんがらがった話になってたんでしょ…」
みたいな反応になってしまう連続というか。

とにかく視界がすっきりくっきりぶわーっと
広がる気持ちよさったら!

どんどん追加されるNEW視点。
追加されまくりでこっちが全然追いつかなくて、軽いパニック。
どうにもならない、(私の)この頭の悪さ。

書き留めておきたい内容も多すぎる…。

『運動の中核になる人は、時間と知識のある人になりやすいのです。時間も知識もない人は運動をやる暇も、問題意識を持つ知恵も乏しい。いまのプレカリアート運動も、お金はないがある程度以上の知識があり、時間も何かと捻出できる人が中心になっているのかもしれません。では、所得も文化資本も低い人はどうなるのか。いまの日本ではそういう人たちは右にも左にもいかず、選挙のときはブームで自民党や民主党に投票したり、あっちにザーッ、こっちにザーッと漂っている状態ではないかと思います』

レビュー投稿日
2011年11月26日
読了日
2011年11月26日
本棚登録日
2011年10月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『私たちはいまどこにいるのか 小熊英二時評...』のレビューをもっとみる

『私たちはいまどこにいるのか 小熊英二時評集』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『私たちはいまどこにいるのか 小熊英二時評集』にぼくさんがつけたタグ

ツイートする