The Outsider (Penguin Essentials)

著者 :
  • Penguin (1999年2月25日発売)
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
5

第三者の視点では、考えられない(理解できない)ような因果関係によって人の行動は支配され、本人の意識下における原因と結果の関係が第三者と共有されない場合、不条理は生まれる。TalebがBlack Swanの中で説くような、解釈や因果関係の付与はBiologicalである(つまり生理的なもの)と同時に(雑にいえば)人が抱いている幻想のようなものであるという論旨に近いように思う。


人の行動がリニア因果関係で説明可能かどうかは主題ではないが、たとえ行動がリニア関係で説明できたとしても、主客の間でその説明に食い違いがあったときに個人(主・アクター)は断罪されざるを得ない。
因果関係というのはレトロスペクションの中で行動をナラティブする時に’説明’として持ち出されるが、その説明が自身には有効でも他人に受け入れられなければ、その説明(例えば行動の動機)は非論理的として捉えられうるということが非常にうまく描写されている。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 洋書・小説
感想投稿日 : 2009年3月25日
読了日 : 2009年3月25日
本棚登録日 : 2009年3月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする