海のある奈良に死す (角川文庫)

3.30
  • (93)
  • (213)
  • (689)
  • (57)
  • (10)
本棚登録 : 2317
レビュー : 199
著者 :
bookclover4936さん 文芸   読み終わった 

あとがきでも著者自身書いておられるけど、本シリーズにしては珍しく日本各地を行脚する内容になっていて、わたしも小浜行ってみたくなったし、人魚のミイラも見に行ってみたくなった。

地域にまつわる雑学や日本古来の伝説も豊富に登場して紀行モノとして楽しんでる自分がいて旅に出たくなった。笑
そして行くならば本作の火村アリスコンビのように軽口を叩き合える相手と行きたいものである。

個人的な読み方としては推理や謎解きの内容にさほどカタルシスを感じないし作品においての重点を置かないのでその辺については触れないでおく。
(2016.2.29)

レビュー投稿日
2016年3月1日
読了日
2016年3月1日
本棚登録日
2016年3月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『海のある奈良に死す (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『海のある奈良に死す (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする