古事記巻之一 完全版 ナムジ 大國主 壱 (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年8月22日発売)
4.11
  • (7)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 4
4

全五巻読んだけど一巻にレビュー。

ガンダムのキャラ作者が書いた日本神話の断片で、大国主命が題材になっています。日本神話の解釈には諸説あるわけですが、諸説交えながら作者なりの解釈も盛り込んでいるようです。漫画ですしエンタメとして読まれるのがよいかと。

石ノ森章太郎の漫画に出てくる大国主命にがっかりしてたので、性格はやはり微妙なものの、キャラは安彦キャラ主役級の絵だったのでよかった(アリオンに似てるかも)。
ちなみに、饒速日命(ニギハヤヒ)が出てくるわけですが、シャア・アズナブル的なつかみ所の無いキャラに仕上がっています。(絵は大人シャアな感じ)

ところで兎を美少女キャラにしたてたのがウケました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本
感想投稿日 : 2013年6月26日
読了日 : 2013年6月26日
本棚登録日 : 2013年6月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする