僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語 (自分のビジネスを始めたい人に贈る二〇のエピソード)

著者 :
  • バジリコ (2015年9月18日発売)
3.93
  • (10)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 92
感想 : 7
5

起業家には2種類あって、世界を変えるような大きなことを成す人と、自分の家族を養うためであったり自分の身の丈にあったことをしたい、つまりは前者以外の人。世の中の起業本はほとんどが前者を対象としているが、この本は後者向けの本。後者であれば成功率は高い、というもの。
筆者はデパートのバイヤーが嫌で退職後に起業ネタを色々と考え、外国向けの着物販売にたどり着いた話。
時勢に恵まれた点も多々あると思うが、読んで損はない本。
小規模であるからこそ色々試すことができる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 購入
感想投稿日 : 2016年1月27日
読了日 : 2016年1月27日
本棚登録日 : 2016年1月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする